悠々blog

アイドルとかについて

私立恵比寿中学 東西大学芸会2014「エビ中のおもちゃビッグガレージ」

2014年11月3日(月・祝)、横浜アリーナにて開催された

私立恵比寿中学のライブに参加してきました。

 

■参加まで

エビ中は2012年のシングル「仮契約のシンデレラ」が滅茶苦茶良いなと思って、

非常に手に取りづらいジャケットでお馴染みの

インディーズベストアルバム「 エビ中の絶盤ベスト〜おわらない青春〜」を

一時期聞いたりしておりました。

 

その後も、杉山勝彦氏が作曲した「踊るガリ勉中学生」を良いと思って

聞いていましたが大して追ってなかった。

 

2014年4月メンバー3人が卒業したときも「ふーん」っていう感じで。

 

しかし、今頃になり自分の中でようやくエビ中が来ました。

 

まず新曲「ハイタテキ!」

 


私立恵比寿中学 『「ハイタテキ!」Music Video』 - YouTube

 

TAKUYA御大のアイドルソングは、エッジーでポップで

最高だ。

 

それから土砂降りライブ(氣志團万博2013)をようつべで見たり

スルーしてたアルバム「中人」を聞いて、

今のエビ中のライブが見たいと思い参加に至りました。

 

■開演まで

横浜アリーナは「@JAM EXPO 2014」ぶり。

到着すると、まず人の多さにビビる。

当たり前だけどみんなエビ中だけを聞きに来たんだなと。

世間にはこんなにエビ中ファンがいたのかと知りびっくりした。

最近表立って活動してなかったように思ってたけど、

単に知らなかっただけだったと気づく。

 

参考:

オープンなももクロ&しゃちほこに、ハイタテキなエビ中!? “スタダ三姉妹”の棲み分けを解説 - Real Sound|リアルサウンド

 

客層も、ヤンチャそうなピンチケ風男子集団からギラギラしてるオッサン、

疲れてそうなオッサン、キャピキャピな女子学生、普通のOLっぽい人、

オバサンまで様々。老若男女います。

なおかつ総体的な雰囲気としては健全・健康的と、言えなくもない。

少なくとも地下アイドル現場の独特なオーラとは違った感じでした。

これがメジャーかと思い知りました。

 

客の入りは、ほぼ満席。 

 

f:id:yuumuupuu:20141104232304j:plain

星名美怜さんのバースデー

 

f:id:yuumuupuu:20141104232537j:plain

中山莉子さんのバースデー

 

f:id:yuumuupuu:20141104223959j:plain

 開演45分前には完売するグッズが。早過ぎ。

 

 

■ライブ

17時開演してから途中7分の休憩時間(!)を挟み

およそ3時間の怒涛のライブでした。

 

まず、やっぱり曲が良い。

更に曲が良いだけでなく、バラエティ豊かでもどの曲もエビ中らしさがある。

この点は「とりあえず有名アーティストとコラボ」してたように見えるももクロ

違って好印象です。(よく知らないで言ってます)

 

公演タイトルにもあるように、

エビ中8人はおもちゃに扮しているという、要するにトイ・ス○ーリーな設定。

ライブ冒頭に、前方スクリーンでドラマが流れたりしました。

ただし、想像してたよりも演劇的ギミックは少なかったです。

突然、劇とか始まるイメージだったので。

 

あと印象的だったのは、ペンライトの海。

アリーナ席一面のペンライトの統制された動きをスタンド席から眺めるのは

壮観だった。

自分はというと、ペンライトを持っておらず、手持ち無沙汰でした。

あと、ノリとしては振りコピ的なところもありつつ、完全な振りコピではないのが

特徴。

これなら少し練習すれば出来そう…。 

 

最後に、アンコールの声が小さ過ぎで、かつバラバラだったのは、戸惑いました。

某掲示板によるとエビ中ライブではよくあることらしい。

暑苦しいのは苦手なので、個人的にはアリです。

 

■最後に

エビ中のライブに初めて参加しましたが、楽しかった。

また、いつの間にか濃い大コミュニティが出来ていたなんて、

やはり現場に行かないと分からないものだなと再確認。

 

とりあえずキンブレを注文しようと思いました。