悠々blog

アイドルとかについて

「第3回アイドル楽曲大賞2014」 選外の曲について

■はじめに

第3回アイドル楽曲大賞2014」の投票結果は

下記エントリーの通りですが、

 選外になった曲について書きます。

 

■メジャー楽曲部門

 ・私立恵比寿中学「ハイタテキ!」

捻くれていてもポップで、かつ中毒性あり。TAKUYAがまた素晴らしいアイドルソングを作ってくれた。

 

lyrical school「brand new day」

AxSxE × リリスク!!楽しい曲なのに、無性に泣きたくなる。

 

夢みるアドレセンス「マワルセカイ」

軽快なロック×アイドルとして、Buono!ぱすぽ☆以来に良いと思った。この後の夢アドの方向性も悪くはないんですけど、もっとポップでも良いのでは?と思う。

 

■インディーズ/地方アイドル楽曲部門

usa☆usa少女倶楽部「目覚ましのベル」

今年のTIFで、初めてusa☆usa少女倶楽部を見ました。ステージ上の中学生達が、歌い踊る様子を見ながら、何だかイケナイものを見ているような、背徳的な気分を感じていたのは真夏の太陽に頭をヤラれていたせいである。でも意外と曲が良かった。なかでも、聞いてから頭を離れなかった曲がこれ。チープな音色のシンセのフレーズと、不安定なユニゾンが良いです。

 

・デスラビッツ「アイドル STAR WARS

ハードコア要素はほぼ無いけど、楽しい曲。

 

・ALLOVER「桜BaByラブ」

ブラスが入っている明るくて軽快な曲がツボなんです。歌メロが、妙に耳に残る。

 

・ALLOVER「友情エクスプレス」

王道アイドルソング、良い曲。

 

・ゆるめるモ!「生きろ!!」

MVで初めて聞いたゆるめるモ!、ちーぼうの目にゾクッと来て、

曲にもグッときた。

 

・GALETTe「じゃじゃ馬と呼ばないで」

軽やかなファンク感、もはやガレット節。

 

■ノミネート外から

・仮面女子「超・アドベンチャー

「○・アドベンチャー」として仮面女子の各ユニットごとにアレンジ違いがあるなか、これは仮面女子バージョン。アレンジとして王道で一番良いと思う。ギターが気持ちいい。アンセム感がすごい。

 

・スチームガールズ「HIGH and LOW」

一時期むさぼるように聞いていた。休む暇もなく攻めてくる多彩でドラッギーな音、音、音。Skrillex流EDM的な音の取り入れ方もありがちなただのファッションになっておらず、聞いていてものすごく気持ちいい。あまりの快楽に詞の意味不明さも気にならない。

 

・スチームガールズ「COSMIC LOVE」

メロディーがいい。サビの突き抜け感がいい。宇宙よりもでっかい想いだしね。


COSMIC LOVE;スチームガールズ/仮面女子 - YouTube

 

2014年はある意味、仮面女子の年であった訳で。

アイドルDDからも敬遠されている仮面女子ですが

(確かに馴染み難いものを感じるのは事実)、楽曲は良い。

なお上記3曲とも谷内翔太氏の作曲。この人、凄い才能だと思うんですけど。

 

■最後に

改めてアイドル楽曲の充実っぷりは凄いなあと思っています。

まだまだ、この趣味やめられない。