悠々blog

アイドルとかについて

ライムベリー「MAGIC PARTY VOL.2」@ 新宿BLAZE(2014年12月21日)

12月21日(日)に新宿BLAZEにて開催された

ライムベリーの二回目にして復活後初めてのワンマンライブ

「MAGIC PARTY VOL.2」に行ってきました。

 

ライムベリーは、いま見なければと思っていた。

新曲も良かったし。



 

開場時間である16時を少し過ぎた頃に会場前に着くと、すでに多くの人だかりが

あった。

ダウン&ジーパン&ニット帽orキャップという冬仕様なB系ファッションの人達が

目についた。

更に言うならば、全体的にリリスク現場にありそうなコジャレ感が少なかったように思うのは気のせいか。


f:id:yuumuupuu:20141222210100j:plain
f:id:yuumuupuu:20141222210049j:plain

 

会場内では開演前BGMとして、「証言」「大掃除」などが流れていて

期待は否応なく上がる。

 

17時の開演時間となると前方で映像(ようつべにもアップされている「復活からワンマンライブへの道」)が流れ始め、正直かったるかったが、ライブが始まると凄かった。

 

機関銃のように言葉を発しまくる高速ラップが圧倒的なMIRI、甘い声してビートに言葉をズラしつつノセる巧みなフローで魅せるHIME、美しいハイトーンボイスHIKARU。いずれもハイスキルかつ、個性が炸裂だった。

 

それに応えるオーディエンスも体を揺らし、声を上げ、腕を上げる。

MIXなし。

ペンライトなし。

振りコピもほぼなし。

現代アイドルの応援マナーに則っていては

ステージに立つ3人のむき出しのパフォーマンスに応えることは出来ない。

 

スキルフルなラップの後では特に大きな歓声が起こったりするのは、

きちんとステージ上のパフォーマンスに呼応する感覚があって、

新鮮であり感動的だった。

 

あと会場の音も良かった。「ウィンタージャム」のイントロのベース音が、体の芯まで響くようだった。



音楽ジャンル的にはライムベリーってハーコーなヒップホップなイメージだったけどテクノ方面のクラブミュージック要素もあって、意外と間口は広いように思った。

 

にしてもアンコールでの「今夜はブギー・バック」(もちろん"smooth rap"バージョン)は反則である。パーティーの終盤でやられたら泣きそうになるだろ。


アンコール含めて2時間半のライブが終わった後はさすがに疲れたけど、疲労感が心地よかったです。

麻婆豆腐を食べて家路につきました。