悠々blog

アイドルとかについて

ひめキュンフルーツ缶『電撃プリンセス』 ~過剰さについて~

現代アイドルにおいて、過剰さ、端正でないものが持て囃されている。「アイドルらしくないアイドル」が、激しい音楽をやったりしている。

 

でも、それは洗練された激しさであり、だからこそ多くの人が安心して受け取ることができる。

 

ひめキュンフルーツ缶もまた、過剰なアイドルである。しかし、過剰すぎる。

 

12月下旬、ひめキュンがメジャー2ndアルバム『電撃プリンセス』をリリースした。

 

f:id:yuumuupuu:20150124223436j:plain


過剰である。てか、このジャケットはひどすぎないか。これじゃあサブカルが食いつかない。(生産限定盤のジャケットはマシだけど、それでもイマイチ。)


サウンドはどうか。

ひめキュンの音楽的方法論はシンプルだ。ギター、ベース、ドラムという基本的なバンドサウンドに加えて、シンセが鳴る。それに、一聴しただけでひめキュンのそれと分かる中性的なユニゾン声。

 



うるさく、過剰な音楽。でもそこに、ロックを聞く原初的な快楽がある。

この方法論が今作において、かつてない程に突き詰められた。完全にひめキュンサウンドとして確立されているが、マンネリズムには陥らない。過剰さは更新され続ける。

 

キモと言えるシンセの使い方が、いつも新鮮なのだ。時にイントロで度肝を抜くように暴れまくる、と思えば、別のパートではギターの裏でさりげなく鳴っていたりする。前に出たり後ろに出たり、シンセがアクセントではなく楽曲を構成する不可欠な要素として楽器的に鳴っている。だからギターとのスリリングな掛け合いが展開される。うるさいんだけど、それだけに留まらない音楽になっている。

 

 

そして今作においても唐突な至高のポップネスは健在である。これまでもひめキュンは「iの奇蹟」「色づく蒼葉たち」「フリーノート」等、ハッと息を飲むようなエモいポップソングを生んできた。

今作には「ハルカナタ」、そして「空っぽ…アイツ」がある。それまで暴れまくっていたシンセが、違う表情を見せる。ひめキュンのユニゾン声が切なさを伴って聞こえる。このキュートで清涼なエモさは、ひめキュンでしかありえない。