悠々blog

アイドルとかについて

WHY@DOLL『NAMARA!!』

北海道出身の2人組WHY@DOLLの1stミニアルバム。

 

f:id:yuumuupuu:20150301163844j:plain

 

ファンク、ボサノバ、ジャズ等、色々な音楽の要素が取り入れられているけど最終的にはポップなところに着地している。そんな肩ひじ張らずに聞ける良質なポップアルバム。

 

以下、収録曲について。

 

1.NAMARA!!

オルガンが映えるグルーヴィーなインスト。始まりの予感に満ちた1分強。

 

2.バニラシェイク

ブラスによって始まる、うねるベースとカッティングギターが気持ち良いグルーヴィーなミッドナンバー。

 

3.2月のエピローグ

ボサノバ曲。そしてハモリ曲。ちはるんの少し鼻にかかった甘い声と、はーちゃんの硬質な声が合わさるととても良い、ということを緊張しまくりで人生初となるチェキを一緒に撮った後しどろもどろでちはるんに伝えた。「ふ、ふたりの声があ、あわさると、と、とっても良いいいと思う…(以下略)

 

4.ジェットコースター

いきなり歪んだギターから始まってびっくりする。パンクっぽさもあり。このアルバムでは唯一の縦ノリ曲。

 

5.向日葵

荒んだ魂を浄化してくれそうなバラード。往年のアイドルソングにありそうな鳴きのツインギターが胸に迫る。あぁ向日葵畑が見えるよ。

 

6.パウダースノウ

スウィングジャズのような曲調に、2人のユニゾンがきれい。ちはるんにお勧めされたナンバー。俺も「履歴書に書けないロマンス」がしたい。いや、しているか。

 

7.MAGIC MOTION NO.5

やっぱり凄い曲だ。ファンクの美味しいところが詰まったポップソング。イントロからマジックがある。

 

8.NAMARA!! (Reprise)

オルゴールで終わり。

 

ほわどる現場ってものすごくピースフルで、ジャージャーが似合わない。だから、このミニアルバムに表れたメジャーデビュー後の方向性は正しい気がする。

今でもほわどるみたいなアイドルがいるということが一つの奇蹟のように思える。

もし1980年代からアイドルオタがタイムスリップしてきたら、まず堂々と見せて

聞かせたい現代アイドルだ。

 

やはり「武者修行」という言葉が似合わない2人を引き続き応援していきたい。

 

(ええい、男はいい、ちはるんとはーちゃんを映せ)

 

 

広告を非表示にする