読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悠々blog

アイドルとかについて

BiSH『Brand-new idol SHiT』

f:id:yuumuupuu:20150616013036j:plain

 

元BiSマネージャー渡辺淳之介氏が始動させた

”新生クソアイドル"ことBiSHの1stアルバム。

 

とにかくクオリティが高いロックアルバムです。

個人的には、先行して公開されていた

「サラバかな」「BiSH−星が瞬く夜に−」を

越える曲が無かったかなあと思うけど、

まあ2曲とも今年ベスト級ですから。

 

BiSと同じように唐突にかわいさを発揮するデジタルなダンスチューン「DA DANCE」、心掴まれるリフとドラマチックな雰囲気を持った激しいナンバー「Lonery Girl」、そしてフィナーレを飾る松隈流の王道ロックチューン「Story Brighter」あたりが印象的。

 

散々言われていますが、アイナ・ジ・エンドの歌声が凄いです。

まず今のアイドル界で似た声の人が思い浮かばない。

「MONSTERS」初っ端のシャウトには驚きしかないし、ときにソウルシンガーあるいは演歌歌手のような歌唱になる。

 

渡辺氏からは「歌い方がR&Bっぽくて、溜めて溜めて吐き出すってタイプ」

「そうなると松隈さんの楽曲にはまったく合わない」と指摘され、終いには

「『君の声を待っていた!』って感じではない(笑)」と言われている。

参照:BiSH「Brand-new idol SHiT」インタビュー (2/6) - 音楽ナタリー Power Push

 

でもアイナがまっすぐに歌ったときの声が俺は好きだ。

(だからやっぱり「サラバかな」が最高です)

 

ともかく、松隈サウンドと「待ち望まれていなかった」声との

化学反応にますます期待したいところです。

 

BiSHはこれまで、突然のメンバー脱退といった事件はありましたが

アルバムは素晴らしいわ、ライブも評判良いらしく幸先良いですね。

と思ったら、マラソンやってた。

大丈夫なんでしょうか。

でもやっぱり期待してしまうな。

 

BiSがアイドルの枠をぶっ壊し、何でもありの無法状態にしてしまった。

もう壊すものはない。

だからBiSHには新しい秩序をクソ意地でつくって欲しいなんて思います。