読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悠々blog

アイドルとかについて

ぜんぶ君のせいだ。『僕喰賜君ノ全ヲ』

名古屋出身のアイドルグループ、ぜんぶ君のせいだ。の2ndシングル『僕喰賜君ノ全ヲ』が7月13日にリリースされた。

f:id:yuumuupuu:20160730123139j:plain

この新作において掲げられた「ねおろまん派」なるコンセプト(ジャケットにはロマン主義の作家達の顔写真がコラージュされる)は、さながら思いつきのようでありながら、安易な「エモみ」が蔓延るシーンへの挑戦だと考えると悪くないのかもしれない。

 

収録曲は「僕喰賜君ノ全ヲ」「痛カルマバ◯ス」「拝啓、おとなグラム」の3曲。いずれも激しいバンドサウンドを基調としながら、鮮やかな曲調のシフトが特徴的。

 

GESSHI類氏が手掛ける、分裂的とも取れる、意味が無いようで有るような歌詞をメンバー達は時には台詞を交えながら歌う。各種インタビューで話が出ているように、「歌詞と歌い手のリンク」がポイントとなっており、メンバー個々人のぶつかり合いは、シアトリカルといっても良い感触がある。まるで爆発しそうな脳内妄想バトルのようでありながら、他者を希求するパーソナルな歌世界は聞き手を揺さぶる。

 

いま一度、理性よりも感情を。それも出来合いの感情ではなく――かつてのロマン主義達の主張に通じるものを、目眩くサウンドと歌によって訴えられているような気分にもなってくる。